日本キェルケゴール研究センター・ホームページ
(Søren Kierkegaard Research Centre in Japan)


  2013年・キェルケゴール生誕200年記念・ホームページ

生誕200周年を迎えて

2013年記念プログラム

研究センター設立趣意・規約(抄)


出版刊行物


<本の窓>

<刊行準備・図書情報>

センター通信/通巻目次


国際カンファレンス


お問い合わせ


リンク

キェルケゴールかキルケゴールか


日本の皆さまによろしく

トップページ

日本キェルケゴールセンター設立趣意書

 デンマークでは、1994年に「キェルケゴール研究センター」(コペンハーゲン大学神学部)が設立され、セーレン・キェルケゴールの公刊著作・日誌遺稿集等を合わせた総合的な改訂新版全集の編集が進められ、すでに本巻4冊(および注釈3冊)が出版されております。
  同時にキェルケゴール研究センターは、各国のキェルケゴール研究を統括するセンターとして、キェルケゴール・カンファレンスの開催や Kierkegaard Studies,Yearbook(KSYB)およびKierkegaard Studies,Monograph Series(KSMS)の刊行物等をもって活発な活動を展開しております。

 デンマーク・キェルケゴール研究センターの所長Niels Jørgen Cappelørn氏からは、このような動きに呼応した研究機関が日本においても組織できないものかと、かねてから打診されておりました。

 それゆえ、デンマークにおける最近のキェルケゴール研究の顕著な動向に呼応しつつ、国内外の研究者の交流を深め、明治期以来の輝かしい伝統をもつ日本の キェルケゴール研究の普及発展を目指して、諸先生方の協力により当研究センターを設立することにいたしました。

当研究センターの活動を通じて、第一には、日本におけるキェルケゴール研究の伝統を継承しつつ、今日の視点に立ってこれらをさらに展開できる研究者の育成を図りたく願います。

 第二には、デンマークをはじめ各国の最新の研究事情を紹介し、日本における研究が国際的なレベルで展開できるよう、寄与したいと願います。

 第三には、日本におけるキェルケゴール文献を国際社会に紹介できる体制を強化したいと願います。(既に私たちは、明治期以来の日本語キェルケゴール文献にデンマーク語訳を付して、これをデータベース化して海外に紹介しております。)

1998年9月
代表理事  橋本 淳(関西学院大学神学部教授・文学博士)




日本キェルケゴールセンター規約(抄)

1.【名称】
本会を日本キェルケゴール研究センター(Søren Kierkegaard Research Centre in Japan)と称する。

2.【目的】
本会は、デンマーク・キェルケゴール研究センター(コペンハーゲン大学神学部)と提携し、内外の研究者との交流を深め、日本におけるキェルケゴール研究の伝統を継承しつつ、これをさらに展開する研究者の育成とその普及につとめることをもって目的とする。

3.【研究会・講演会・総会】
本会は、その目的を達成するために毎年、定期的に研究会・講演会・総会を開催る。

4.【本部事務局】
本会の本部事務局を下記におく。
兵庫県三田市学園2-1
関西学院大学理工学部(松木真一研究室)
また、会員の合意によって支部をおくことができる。

5.【会員】
本会の会員を次の二種とする。
普通会員、賛助会員

6.【理事、幹事】
本会の運営は、別に定める選挙規定に基づいて会員の中から選出される代表理事・理事・書記幹事・会計幹事・幹事がそれにあ たる。

7.【会計】
本会の経費は、会員の会費および寄付金、その他の収入をもって充てる。

目下、事務整備中のため会費は納入しないで下さい。
日本キェルケゴール研究センター