日本キェルケゴール研究センター・ホームページ
(Søren Kierkegaard Research Centre in Japan)


  2013年・キェルケゴール生誕200年記念・ホームページ

生誕200周年を迎えて

2013年記念プログラム

研究センター設立趣意・規約(抄)


出版刊行物


<本の窓>

<刊行準備・図書情報>

センター通信/通巻目次


国際カンファレンス


お問い合わせ


リンク

キェルケゴールかキルケゴールか


日本の皆さまによろしく

トップページ

セーレン・キェルケゴール生誕後200年
2013年記念プログラム

趣意
  2013年は、デンマークの詩人的思想家セーレン・キェルケゴール生誕後200年となります。母国のデンマークをはじめ各国では記念のイベントが企画され ています。その人と思想は、今日、どのような感懐を、私たちに呼び起こすのでしょうか。明治の時代から日本人は、セーレン・キェルケゴールにふれて、多彩 な精神模様を織り成し、西洋精神が日本の精神風土を豊穣とさせる、一つの典例を見せてきました。
 今、キェルケゴールと関わって人生を燃焼させた先人たちを偲びつつ、あらためて私たち自身に問いたく思います――「キェルケゴールは、われわれの今日に、何を語るのか」、と。
 このような感慨をこめて、私たちは「キェルケゴール生誕200年」を、次のような方向で企画いたします。

1.
セーレン・キェルケゴール――その人生と思想は、きょうを生きるわれわれ日本人に、何を語るのかを問い、学びます。

2.
日本においてセーレン・キェルケゴールと関わった先人たちの足跡を海外に伝え、その残された精神的遺産を、継承します。
(「日本に刻印されたセーレン・キェルケゴールの足跡」の採録)。

3.
セーレン・キェルケゴールの思いを継ぐ、次世代を育成いたします。

4.
デンマークで刊行中の「キェルケゴール新版原典全集」( SKS )およびそれに随伴される「注解書」( SKS K)が担う意義について、紹介いたします。
(今後の日本において翻訳・研究の底本であることが望まれること、その際には、引用指示・略記号等が国際規格に沿うものであり、日本語文献にしても国際水準に適うものとなるよう、助言いたします)。

5.
デンマーク本国をはじめ、海外各国、すでに SKS の中国版が刊行される中国、韓国等と研究交流を深め、「キェルケゴール」を通じて、相互の国際的な友好交流に貢献いたします。
日本キェルケゴール研究センター